体毛の濃さがトラウマ

私は今もかなり毛深いですが、実のところ子供の頃からずっとそうでした。

 

子供の頃よく走ってこけたりしたものですが、あまり絆創膏を張りたくありませんでした。はがすときに体毛がひっついてかなり痛いのです。今なら引きちぎるか、はさみでちょっと切ってしまうこともできますが、昔は絆創膏をはがすぐらいで体毛を切ることはまったく思いつきませんでした。

 

脛毛や腕毛が濃いので当然といえるかもしれませんが下の毛も小学校3年生ぐらいには生えてきていて、友人らと風呂に入らねばならない合宿などでかなり悩みました。今は海水パンツをはく子供も多いのかもしれませんが、昔はそういう発想は無かったのです。

 

そちらは上手く切る事で解決しましたが、合宿は毎年ですからそのたびに悩まねばならず、悩んでも別に解決法は一つしかないのでただの悩み損でしかありませんでした。

 

年をとってくると別にどうということもありませんが、見栄えがあまりよくないことは変わりません。あまり外に出ないタイプなので本来色白ですが、足や太ももなど毛のせいで色黒に見えるほどです。

 

だからどう、というマイナス点は無いのですが、もう少し薄いほうがいいとずっと思い続けていることは確かです。それでも、特にできることは無く、面倒なので剃るわけでもなくただ放っておいています。

続きを読む≫ 2015/09/18 22:19:18

陰部の脱毛をしました。クリニックに行きレーザー脱毛をしたのですが、エステで使う光脱毛に比べて出力が強い分施術の回数が少なくてすみました。脱毛してから結構日にちが経つけど、ずーとツルツルスベスベ状態です。

 

陰毛を脱毛しようと思った理由は1つです。

 

日焼けの跡をバッチリと付けて、そして綺麗にできればいいなと思ったからです。

 

エステも考えたんですが、どうも回数が掛かりそうだと聞いたので、じゃあ男性でも可のクリニックを探してそこでやってもらおうとあちこち電話で確認しました。

 

最近は男性で脱毛をしたいという人が増えてきているので、すぐにやってくれるクリニックが見つかったんですよ。

 

予約の日に施術をしてもらったんですが、まず陰毛をバリカンで刈ってもらいそしてジェルを塗り照射です。

 

本当は自分で前日に悌毛してからレーザーを当ててもらうんですが、知らなかったのでスタッフの人に剃ってもらったという事です。

 

それから大体1週間位すると自然と毛が落ちてきます。

 

それから2ヶ月もしないうちに、また次の毛が生えてくるので同じようにレーザーを当てます。それを5回繰り返したのかな、次第に段々と毛が生えてくる間隔があいてきます。

 

その内生えてこなくなるので、もうこの辺りかなと思い、一応終了です。

 

その間約1年の脱毛生活です。

 

そしてフロントの幅が極端に狭いTバックの水着を持って、まず日サロに直行です。

 

何回か日焼けを繰り返したので、バッチリと日焼けの跡が付いています。

 

後ろはTで横は細い紐、前もよく収まったなと思えるくらい幅の狭い日焼けの跡を残すのに成功です。

 

毛が全く無いパイ○ン状態なので、パット見下着を穿いているように見えるです。

 

今度この水着を持って海に行こうと思ってます。恐らく2年くらいは日焼けの後は消えないと思うと、一層毛はいらないなと思うんです。

 

これから日焼けの跡が染み込むくらいまで日サロに行くつもりです。

 

今毛は生えていないけど、後何回かレーザーを照射して完全永久脱毛にするつもりです。

 

続きを読む≫ 2015/08/12 23:54:12

男性は男性ホルモンの関係上、部位によって体毛の濃さに差があり、ヒゲ等が非常に濃くなってしまいますし、脱毛をしてもすぐに生えてきてしまったりします。

 

そんな男性の家庭用脱毛器を紹介してみます。

■家庭用脱毛器にも色々あります

 

家庭用脱毛器には値段差がありますが、結構な金額差になります。
安いものなら家電量販店で売ってるもので3000円〜5000円ぐらいのものからあり、高いもので3万や4万、ネット通販だと5万や10万近くするなんてものもあります。
これは脱毛方式に差があるからなんです。

 

安いものは物理的な脱毛方法なものになります。
自分で毛抜きで抜いていくと1〜3本ずつぐらいしか抜けず、脱毛箇所が広いととても時間がかかりますが、これを機械でガーっとしてしまうわけです。

 

高いものは脱毛エステ等で使用されてるタイプのものが多いです。
その中で一番高いものはフラッシュ脱毛といって光を当てて毛根自体にダメージを与えて脱毛させてしまうので、脱毛効果が長続きしたり、毛自体が薄くなっていく等の効果が期待されます。

 

デメリットとしては、一度に照射できる範囲が狭かったり、カートリッジ式で無限に使えるわけではないことで、ある程度使うとまた購入しなければなりません。
本体価格もとても高いので気軽にバンバン使える方ならいいですが、金銭的に苦しいと感じる人には少し大変です。

 

■男性向きはどちらか?
どちらが良いといのは男性の場合部位によって変わってきます。
腕や足なら脱毛箇所がとても広いですよね。
ものすごく腕や足の毛が濃い方なら違ってきますが、普通の程度の濃さなら安い脱毛器で十分です。

 

一度脱毛してしまうと生えてくる毛はやや薄くなります。
というのも毛が生えてくる速度にかなり違いがあるので、一ヶ月後ぐらいでも生えてきてる毛は半分ぐらいとかだったりします。
さらに毛が生えてくるときは毛の先端が細くなってるので、薄く感じます。
剃ってしまうと、毛が切り株状になって太く生えてくるので注意です。

 

このように月に一回程度のペースで脱毛jしてもらうと、毛の本数が本来の半分、太さも細いものになり、ものすごく薄くなります。
安いものは脱毛速度がとても速いので一回あたりの時間もかかりませんし、こういった部位にはとても向いてます。

 

逆にヒゲや脇毛の場合、脱毛する面積はとても小さいですよね。
脱毛すれば薄くはなりますが、こういう毛が元々濃い部分にはそれほど効果がありません。
そこでお勧めなのが、高いタイプの脱毛器です。

 

照射面積が狭くても脱毛箇所の面積も小さいので、このデメリットはあまり感じません。
毛根にダメージを与えるタイプなので、毛の脱毛効果が長続きしたり、生えてこなくなったりもしてとてもお勧めです。
気をつけるのはヒゲの時です。

 

ワキだと痛みがあっても多少は我慢できますし、皮膚が赤みがかった炎症を起こしても周囲の人に見られる機会もほとんどないと思います。
炎症を起こしていたとしても、1,2日で治ってしまうので、そういうのは気にしなくてほぼ問題ないでしょう。
ヒゲの場合、痛みがとてもあります。

 

普通に脱毛をしてもらってもわかると思いますが、腕や足の脱毛の痛みと鼻の下の痛みでは比較にならないほどの差があるので注意が必要です。
脱毛箇所を事前に冷やしたりして痛みに鈍感にさせる必要があります。

 

次に炎症具合です。
ワキと違ってヒゲは顔の中心部にあるので、人と顔を合わせると絶対気づかれてしまいます。
ですので、週末に脱毛をして休日の間に炎症をひかせる等の施術時期などの工夫も必要です。

 

このように男性は各部位によって家庭用脱毛器を変えてあげると高いタイプの脱毛器も長持ちしますし脱毛でかかる時間も短縮できてとても楽になるので、参考にしていただければと思います。

 

 

 

続きを読む≫ 2015/07/22 02:06:22