幼い頃から体毛が濃かったトラウマ

幼い頃から体毛が濃かったこと

私は今もかなり毛深いですが、実のところ子供の頃からずっとそうでした。

 

子供の頃よく走ってこけたりしたものですが、あまり絆創膏を張りたくありませんでした。はがすときに体毛がひっついてかなり痛いのです。今なら引きちぎるか、はさみでちょっと切ってしまうこともできますが、昔は絆創膏をはがすぐらいで体毛を切ることはまったく思いつきませんでした。

 

脛毛や腕毛が濃いので当然といえるかもしれませんが下の毛も小学校3年生ぐらいには生えてきていて、友人らと風呂に入らねばならない合宿などでかなり悩みました。今は海水パンツをはく子供も多いのかもしれませんが、昔はそういう発想は無かったのです。

 

そちらは上手く切る事で解決しましたが、合宿は毎年ですからそのたびに悩まねばならず、悩んでも別に解決法は一つしかないのでただの悩み損でしかありませんでした。

 

年をとってくると別にどうということもありませんが、見栄えがあまりよくないことは変わりません。あまり外に出ないタイプなので本来色白ですが、足や太ももなど毛のせいで色黒に見えるほどです。

 

だからどう、というマイナス点は無いのですが、もう少し薄いほうがいいとずっと思い続けていることは確かです。それでも、特にできることは無く、面倒なので剃るわけでもなくただ放っておいています。